どこにすればいい?全員が満足する宴会場の選び方

土台をしっかりさせて不満を減らす

古くから交流の場として強い意味をもっている宴会ですが、皆が気持ちよく過ごすためには、宴会場をどこにするかが重要です。宴会場という土台を不満のないしっかりとした場所にすることで、その宴会が良いものになるかどうかが決まることもあります。しかし、どのようなときに開かれる宴会で、どのような年齢層が参加する宴会なのかなど様々な条件でてきた宴会場が決まるのでポイントを紹介します。

交通利便性を考える!

どのような目的で開かれる宴会であっても、宴会場を選ぶときにまず注意しなくてはならないポイントが交通利便性(アクセス)です。宴会の多くでは、日中の活動が終わった後などに開かれることになります。そのため、宴会場が駅や職場などから行きにくい所を選ぶことはできるだけ避けるべきです。宴会場までの移動の手間は参加者のモチベーションを一気に下げる恐れがあります。また、宴会に遅れる人が増えたり、終わるぎりぎりまで来ない人も出てきます。さらに、宴会では多くの人がアルコールを摂取するので、移動時間が長いとそれだけトラブルも増える可能性が高くなります。そのような観点から、宴会場を選ぶ際は交通アクセスをまず考えます。

個室のある、年齢層に合った店

宴会場選びには交通アクセスも重要ですが、単に駅や職場から近ければ良いというものではありません。その宴会が何の目的によって開かれる簡易もよりますが、ある程度年齢がまとまっているならば、その年齢層の好む料理を提供する店舗やその年齢層が好みそうな雰囲気の店舗を選ぶことが必要です。また、宴会では周りを気にすることなく楽しむことができることも重要なので、個室がある店舗や規模が小さいならば貸切ができる店舗を選ぶことがおすすめです。

品川の宴会場では、事前予約に対応している所が多いため、忘年会シーズンなどの繁忙期に利用する場合でもスムーズに会場を確保できます。