プレ花嫁必読!本命ウエディングドレスを着るために押さえておきたいポイント

絶対に着たいドレスがある場合は早めに動く!

ドレスをレンタルする場合、お店で貸出ができるウエディングドレスには限りがあります。人気の高いものは先着順になるので、とにかく早く動くことが重要です。購入する場合も、絶対に着たいドレスが決まっている場合は遅くても半年、できれば一年前から動き始めることをおススメします。ウエディングドレスというのは、実はほとんどの品物が受注生産となっているため、手元に届くまでは購入が決まってから早くても1ヵ月~3ヵ月ほどかかるのが一般的です。店頭に置いてあるものは試着用のサンプルだったり、販売していることがあってもサイズはかなり限られています。また、来店も予約必須のところがほとんどで、人気ドレスショップになれば1ヵ月以上先まで予約が取れないことも少なくありません。「本命のドレスが決まっていたのに、オーダーが間に合わず着られない」なんてことは無いように、早めに行動したいですね。

海外人気ブランドのドレスは現地買い付けも有り

今はインターネットやSNSで簡単に海外の情報を収集できるので、日本に無いデザインに心奪われてしまう方も多いはず。そんな時は直接海外に買い付けに行くのもひとつの手です。実際に人気ブランドの中では、フィッティングと出来上がったものの受け取りさえスケジュールの調整ができれば、その他はメールだけでやりとりが可能というお店もあります。現地の方が価格も安く購入できるので、格安航空券などをうまく利用すれば費用も抑えられますし、旅行を楽しみながら購入ができます。人気ブランドのドレスは他の人と被ってしまうことも多いのですが、個人買い付けであればそういったことも少ないですし、周りから注目されるドレスになること間違いなしです。

ウェディングドレスは、一生思い出に残るものです。レンタルだけでなく、スーツを買うくらいのお値段で買うこともできます。自分に合ったドレスを身につけることで、挙式や披露宴もとても盛り上がります。