いくらくらいかかる?予算別のドレス選びのコツ!

格安ゲットのカギはこまめな情報収集

ドレスにどれだけの予算を費やせるかが決まったら、具体的にドレス選びを始めていきましょう。予算が10万円しかないのであれば、レンタルがいいでしょう。また、格安が魅力のユーズドドレスも5万円以内が主流ですよ。使用状況や小物料金を見落とさずに慎重に選んでいきましょう。

素材にこだわらずデザイン重視の花嫁に

予算が10万円から20万円であれば、レンタルからセルまで、入手方法は様々ですよ。レンタルなら小物やカラードレス、メンズなどとのセットプランも用意されていますよ。セルドレスでも入手できる種類は多くデザインも多彩でしょう。ただし、シルクやリバーレースといった素材へのこだわりは難しいので、デザイン重視でいくといいですよ。

主流のドレスの価格帯

予算20万円から30万円なら、一般的にレンタルやセルドレスでも最も多い価格帯なのでドレスも選びやすいでしょう。有名ブランドやインポートドレスもこの価格帯で手に入るものもありますよ。素材やデザインにもよりますが、この価格帯のオーダーもあるので見逃せないでしょう。

大満足のドレスが手に入る

予算が30万円から40万円かけれるのであれば、レンタルでもボリュームがあるドレスで、素材やデザインも本物志向のものを手に入れられるでしょう。オーダードレスでもこれぐらいの価格帯は多いので、バニエやベール、アクセサリーなどの小物の価格も考慮しながら選んでいくといいですよ。

ハイクラスを実現できる

予算が40万円以上かけられるのであれば、素材やデザイン、入手法すべてにおいてハイクラスを実現できるでしょう。こだわりを重ねれば天井知らずのドレスの価格ですが、一生に一度ですから、この価格帯を選ぶ花嫁も多くいます。ハイクラスに負けない小物選びも必要なので、ある程度のクオリティが必要ですよ。

福岡の結婚式場は、利用者の好みに合うよう選択肢が複数あります。例えば、ホテル、教会、ゲストハウス、専門式場他、様々な希望に応えられます。