新郎新婦が望むタイプの結婚式ができる時代です

新郎新婦で話し合いどんな結婚式にするか決めましょう

かつては、新郎新婦の両家の両親や親族、職場の人達や学生時代の友達や先輩など多くの人達を結婚式に招き、盛大に祝ってもらうのが普通でした。ところが、今は、結婚式に費用をかけるよりも結婚生活に費用をかけた方が良いと考える方もいて、盛大な結婚式を行うことが一昔前よりも少なくなる傾向があります。新郎新婦の両親や親族のみの小さな結婚式だったり、あるいはハネムーンを兼ねて海外ウエディングをするなど結婚式も多様化しています。今は、結婚式では新郎新婦の考えが重視される時代になりました。ですから、どんな形であれ、二人で決めた結婚式だったらそれで良いとなります。もっとも、結婚式も大切ですが、結婚生活の方が末長く続くので、結婚生活の方を考えると今の不況の時代は浮かれてばかりはいられない現実もあります。

どんな結婚式でも心から祝ってあげましょう

今の時代だからこそ、多様な結婚式の形態が現れるのです。しかし、若い二人が夫婦になって新しい家庭を築くということはおめでたいことには変わりありません。ですから、どんな結婚式の形態であっても招待されたからには心から祝福してあげることが大切です。また、新郎新婦も招待した方も例え両親や親族であろうとも忙しい時間の中をやりくりして駆けつけてくれるのですから、祝ってくれる気持ちを心からありがたく思わなければいけません。時代は変わっても結婚式と言う人生のセレモニーでは新郎新婦にとっては初めて会う方もいろいろいて気を使う日でもあります。一方参列する人は若い二人を心から祝ってあげましょう。

白金台駅から近い好立地の白金の結婚式場は、洗練された雰囲気が漂うハイセンスな白金を感じさせるモダンなゲストハウスです。