信者でなくても、あこがれの教会で挙式可能?

二人のこだわりを大切にして、式場を選ぶ

婚約が決まったら、二人にとって決めなくてはならないことの一つに、式場選びがあります。どのようなスタイルでするか、どのような規模でするか、どこで挙式するかなど多くの選択肢の中からふたりにぴったりのものを選ばなくてはなりません。

教会での結婚式も大きな選択肢の一つ

もしも、キリスト教式の挙式を希望するのなら、ホテルや結婚式場についているチャペルで挙げるか、町の教会で挙げるかをまず選ばなくてはなりません。ホテルや結婚式場のチャペルの場合は、誰でも挙式することが可能ですが、町の教会では、必ずしもそうではないので事前に下調べが必要です。それぞれに個性のある教会には、やはり独特の厳かさがあり、趣のある雰囲気で惹かれるものがあります。ここで挙式したいという教会があるのなら、早めに問い合わせてみましょう。

教義を知って神様の祝福を受けます。

一口にキリスト教といっても、さまざまな宗派がありそれぞれで結婚式に対するスタンスに違いがあります。また、同じ宗派であっても、教会ごとに独自の考え方があることもあります。一般に、カトリックでは、少なくとも二人のうちどちらかが信者であることが条件になることが多く、また、初婚での挙式しか認めないという場合もあります。しかし、カトリック教会でも、信者以外の人が挙式できるところもあるので、確認してみましょう。プロテスタントでは、信者以外でも挙式が可能なところが少なくはありませんが、一般の挙式はおこなっていないところもあります。また、挙式が受け付けてもらえた時には、どちらの場合も、事前に礼拝に参加したり、神父様や牧師先生のお話を聞いてキリスト教の教義について学んだりすることが求められることがあります。

名古屋の結婚式場ではお菓子を撒く窓が設置されていたりします。 なぜならば、名古屋の結婚式は盛大に行われることが多いからです。