年配層からも受けがいい和婚がしたい!どんな式場がいいの?

やっぱり神社やお寺でしょう!

西洋風の結婚式もいいですが、日本でしかできない結婚式スタイルが和婚です。年配層からも好まれやすいですし、若年層からも再評価されています。伝統的な花嫁衣装を着るのもいいですし、現代風にアレンジされたナチュラルで洋風のテイストも加わった着物も人気が高いんですよ。白無垢や色打掛などを着たいなら、結婚式場も神社や寺院が選ばれる事が多いですよね。新郎新婦の衣装と伝統的な建築物はよく調和しますし、特に神社は自然に囲まれたところにあるので、ロケーションも抜群です。二人の大切な記念日を記録に残すための、写真撮影もはかどりますね。寺院の場合は夫婦どちらかの菩提寺で行うことになります。どちらの場合も、親族中心のささやかな結婚式をすることができるので、派手で大掛かりなものは避けたい人にもおすすめです。

柔軟な考え方で和婚をしよう

神社や寺院にこだわらなくても、和のテイストが感じられたらそれは和婚といってもいいでしょう。ですから、料亭や日本庭園が式場でもいいんです。今流行のレストランウエディングをしたいけれど、招待ゲストの年齢層などを考えると、和食の方がよさそうな場合は、料亭や割烹料理のお店にしてみるといいかも。教会式の挙式スタイルを選んでも、会場を移動した後に行う披露宴やパーティーで打掛や引き振り袖を着ていけば、和洋折衷スタイルの結婚式ということになりますよね。一生に一度の結婚式なのですから、自分たちなりの和婚を目指せばいいんです。

福岡の結婚式場はとても人気です。なぜならば、多くの種類の会場が用意されているからです。細かい要望にも対応してくれます。